お問合せ・FAQ

FAQ

自動車

初めて自動車を購入しました。自動車保険に入りたいのですが、必要なものはありますか。
自動車保険加入をご検討いただく際は、ご購入されたお車の自動車検査証をご用意いただく必要がございます。
お持ちいただいた車検証の情報を基に保険料のお見積りをさせていただきます。
また、保険料のお支払方法に口座振替をご希望の場合は、預金口座通帳もしくは預金口座カード・銀行届出印をご準備下さいませ。
車を手放すことになったので自動車保険を解約するのですが、次に契約する時まで等級を維持しておくことは可能ですか。
所定の条件を持たした場合、「中断制度」をご利用いただくことができます。
ご契約を一時中断したうえで、中断後の新たなご契約に中断前の等級と同等の等級を引き継ぐことができる制度がございます。
尚、本制度をご利用いただく場合は、ご契約の中断日(解約日または満期日)から5年以内に、ご契約の代理店または東京海上日動火災保険株式会社に、中断証明書の発行をお申し出いただく必要がございます。
友達の車やレンタカーなど、一時的に借りた自動車を運転していて事故を起こしてしまった場合、自分の契約している自動車保険で補償を受けられますか。
ご契約頂いている補償プランにより異なりますが、他車運転危険補償特約がセットされているご契約をいただいている場合は補償の対象となります。
また、当特約は、トータルアシスト自動車保険及びTAPでご契約のお車が主な自家用車かつ記名被保険者が個人の場合、ご契約時より自動的に付帯されております。
自動車保険に加入していれば、地震や津波による車の損害は補償の対象となりますか。
通常の自動車保険では、地震、噴火またはこれらによる津波によってご契約のお車に生じた損害は保険金のお支払いの対象とはなりません。
しかし、「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約」を付帯いただくことでそのような損害を補償の対象とすることが可能になります。(一部のご契約を除く)
車を買い替えたのですが、どのような手続きをとればいいでしょうか。
お車を変更された場合は車両入替の手続きが必要です。
車両入替の手続きについては、東京海上日動火災保険株式会社カスタマーセンターまたはご契約の代理店にて承っております。
新しいお車の自動車検査証をご用意いただき、契約者ご本人様より連絡をお願い致します。
2台目の車を購入しました。自動車保険を契約する場合に割引が使用できる制度はありますか。
はい。ございます。新たに自動車保険をご契約いただく場合、通常は6S等級から等級進行がスタートしますが、既に自動車保険をご契約(ノンフリート契約に限ります。)頂いている方が、2台目以降のお車を新たにご契約される場合は、所定の条件を全て満たすときに限り7S等級から等級進行を開始させることが可能となります。

火災

自宅から出火して隣家にも類焼してしまった場合、自宅にかけた火災保険で補償されますか。
隣家の損害を自宅にかけた火災保険で補償することはできません。
しかし、火事の時に隣家を延焼させてしまった損害については、「失火の責任に関する法律」により、火元に故意または重大な過失がないかぎり、賠償しなくてもよいことになっております。 また、そういった場合に備えた特約等もございますので、詳しくはご契約の代理店または東京海上日動火災保険株式会社へお問い合わせくださいませ。
地震保険の保険料控除証明書を紛失してしまいました。どうすればいいでしょうか。
地震保険料控除証明書を再発行いたしますので、ご契約の代理店または東京海上日動火災保険株式会社へ申し付けください。
台風によって屋根の一部がはがれて飛んでしまいました。住まいの保険で補償されますか
「住まいの保険」で「風災リスク」を補償するタイプにご契約の場合は、補償の対象となります。
ただし、ご契約内容によっては、一部自己負担いただく場合等がございますので、詳細はご契約の代理店または東京海上日動火災保険株式会社へお問い合わせ下さいませ。
保険料の割引制度がありますか。
はい。ございます。「住まいの保険」については、建物を保険の対象とするご契約で、始期日時点で、築年数が10年未満である場合、建物の保険料に対して「築浅割引」が適用されます。 また、「住まいの保険」と合わせてご契約いただく地震保険については、免震建築物割引や耐震等級割引など、その他適用可能な割引制度が多数ございますので、 詳細につきましてはご契約の代理店または東京海上日動火災保険株式会社へお問い合わせくださいませ。
火災保険の保険期間の途中から地震保険に加入することは可能ですか。
はい。保険期間の途中からでも地震保険をご契約いただけます。
ご契約をご希望の場合はご契約の代理店または東京海上日動火災保険株式会社へお申しつけください。

傷害

傷害保険の保険料は年齢によって変わりますか。
傷害保険の場合、年齢により保険料は変わりません。保険料は、ご契約の保険金額等によって異なることがあります。
また、保険の対象となる方の年齢や保険のご加入状況により、ご契約をお引受できない場合がございますので、詳細はご契約の代理店または東京海上日動火災保険株式会社へお問い合わせ下さいませ。
傷害保険では、何日間通院すれば保険金支払の対象になりますか。
通院期間1日目からお支払いの対象となります。
しかし、通院保険金のお支払い条件を変更する特約を付帯いただいているなど、ご契約によっては通院期間によりお支払いの対象外となる可能性がございますので、 詳しくはご契約の代理店もしくは東京海上日動火災保険株式会社へお問い合わせください。
からだの保険に加入すれば海外旅行中のけがは補償されますか。
はい。からだの保険では、国内外において「急激かつ偶然な外来の事故」によるケガを補償するプランもございます。
自転車に乗っていてけがをした場合に補償対象になる保険はありますか。
はい。ございます。からだの保険(傷害定額)をご契約頂くことにより、自転車搭乗中を含む日常生活の「急激かつ偶然な外来の事故」によるケガを補償いたします。 からだの保険には、交通事故等によるケガに限定したプランなどもございますので、ご要望に合ったプランをご選択いただけます。

生保

生命保険料控除証明書はいつごろ届きますか。
生命保険料控除証明書は、毎年10月中旬頃に、ハガキの形式で送付しております。
他社の診断書のコピーを保険金請求に使用することはできますか。
弊社指定の書式と同一の内容である場合、他の保険会社や医療機関所定の診断書等で代替頂けます。
なお、ご提出いただいた診断書の内容によっては弊社所定の診断書のご提出をお願いする場合もございます。
入院給付金を受け取るのにどれくらいの日数がかかりますか?
診断書等のご請求書類が弊社に到着し、書類に不備がない場合には5営業日以内にお支払いします。
また、ご請求の内容によっては追加確認が必要になることがあり、この場合には、ご請求書類到着後、すみやかにお客様にご連絡いたします。

その他

保険証券を紛失してしまいした。再発行は可能ですか。
はい。再発行は可能です。保険証券再発行をご希望の場合は当店で承りますので、契約者ご本人様よりご連絡をお願い致します。
契約者が亡くなりました。手続きは必要ですか。
ご契約名義等につきまして、法定相続人に変更する手続きが必要となります。
また、保険を解約されるケースにおきましても、ご契約名義を相続される方に変更したうえで、解約のお手続きを取らせていただくこととなりますので、 ご契約の代理店または東京海上日動火災保険株式会社までご連絡いただきますようお願いいたします。
引っ越しや電話番号が変わった場合の変更手続きはどのようにしたらいいですか。
ご住所・電話番号等の変更手続きは、ご契約の代理店または東京海上日動火災保険株式会社カスタマーセンターにて承っております。
それらの変更等がございます場合は、契約者ご本人様より遅滞なくご連絡頂きますようお願い致します。
口座振替で保険料を支払っているのですが、残高不足で保険料の振替ができませんでした。どうしたらいいでしょうか。
保険料の振替ができなかった場合、原則、翌月のお振替日に再請求いたします。
その為、分割払契約の場合は、前月分と当月分を合わせてのご請求となります。
また、振替ができなかった場合は、振替月の翌月中旬に、ご契約の代理店または東京海上日動火災保険株式会社よりご連絡またはハガキもしくは封書にて振替結果・お振込み方法についてご連絡致します。
取扱保険会社を教えていただきたいです。
当店では、東京海上日動火災保険・東京海上日動あんしん生命の商品を取り扱っております。
現在加入している保険の見直しを考えています。お店へお伺いする際に、予約は必要ですか。
ご来店時、予約等は必要ございませんが、事前にご来店いただける日時をご連絡いただけますとスムーズなご対応が可能となります。
また、ご来店の際には、現在加入されている保険の証券をお持ちいただきますようお願い申し上げます。

お問合せフォーム

お問合せは電話でも承っております。お気軽にお問い合わせ下さい。

03-6914-0790
受付時間:平日9:00~18:00

下記フォームにお問合せ内容をご記入いただき、「確認画面へ」ボタンをクリックしてください。
は入力必須項目ですのでご記入ください。

〒